ジオーディナリーvsインキーリスト「ナイアシンアミド」どっちがいいの?辛口比較レビュー

The Ordinary
スポンサーリンク

 

海外プチプラ化粧品として人気の「ジオーディナリー」「ジインキーリスト」

両方とも特徴は同じ低価格・高品質・高濃度・成分特化型

今回は、どちらのブランドでもランキング常に上位の人気商品「ナイアシンアミド」を辛口で比較レビューします。

  • オーディナリーとインキーリストどちらがいいの?
  • 両方の違いはなに?
  • 効果はあった?

という疑問にお答えした内容となっています。

 

The OrdinaryとThe Inkey List

 

The Ordinaryとは

2016年にカナダで誕生したスキンケアブランド。

成分主義の美容マニア向けに、高濃度のスキンケア商品を低価格で発売し、瞬く間に世界で大人気に。

高濃度がゆえに、複数アイテムの併用が不可であったり使用上の注意など、ある程度の知識が必要。

  

 

The Inkey Listとは

2018年にイギリスで誕生したブランド。スキンケアだけでなくヘアケア商品も取りそろえている。

成分に特化した商品が流行っているなかで、スキンケアを理解してもらうために使いやすさわかりやすさにこだわっている。

肌悩み別にどの製品が適しているか組み合わせ・使用方法などをわかりやすく提供している。

 

ジオーディナリーは成分に特化したスキンケアを、先駆けて販売したブランドです。

ジインキーリストはジオーディナリーの後発のブランドですが、成分特化型スキンケアをわかりやすく使いやすくをコンセプトに販売しています。

どちらも価格帯は1500円ほどと低価格です。

 

ナイアシンアミド比較

 

Image by Tumisu from Pixabay

 

ナイアシンアミドとは

 

ビタミンB3とも呼ばる水溶性のビタミン。

過剰な皮脂のコントロール・色素沈着・肌トーンを整えるといった効果が期待できます。

 

 

オーディナリー≫インキーリスト
価格  約¥700  約¥970
内容量30ml30ml
パッケージ瓶(スポイト式)プラスチック(チューブ式)
ナイアシンアミド濃度10%10%
成分アクア(水)、ナイアシンアミド、
ペンチレングリコール、亜鉛PCA、
ジメチルイソソルビド、タマリンドインディカシードガム、
キサンタンガム、イソセテス-20、
エトキシジグリコール、
フェノキシエタノール、クロルフェネシン   
 
水(アクア/オー)、ナイアシンアミド、
グリセリン、プロパンジオール、
ブチレングリコール、スクアラン、
ロイコノストック/ラディッシュルート発酵ろ液、
ヒアルロン酸、フェノキシエタノール、
ヒドロキシエチルアクリレート/ナトリウム
アクリロイルジメチルタウレートコポリマー、
ヒドロキシエチルセルロース、リン脂質、
キサントゲン酸抽出物、アラントイン、
エッタ二ナトリウム、ポリソルベート60、
パンテノール、糖脂質、ツルマメ(大豆)ステロール、リン酸二ナトリウム、クエン酸、リン酸ナトリウム
特徴亜鉛1%配合ヒアルロン酸1%配合
使用方法朝晩
オイル・クリームの前に使用
朝晩
オイル・クリームの前に使用
※2021年1月現在lookfantasticの価格

 

オーディナリー配合の亜鉛は抗酸化作用があり、より皮脂コントロールにすぐれています

一方インキーリストは、ヒアルロン酸・グリセリン・スクワランが入っていて保湿効果も期待できます

 

 

使用感については、どちらも無香料で無色透明トロっとした伸びの良いテクスチャーです。

 

  • オーディナリーのナイアシンアミドは、つけすぎも原因になりますがベースメイクと相性が悪いとモロモロが出てしまい、仕上がりが悪くなる場合があります。インキーリストはモロモロが出ることがなく使いやすいです。
  • インキーリストの公式サイトには記載がありませんが、オーディナリーの公式サイトではビタミン系の美容液とは併用が不可となっていますのでインキーリストも同様に注意が必要かと思います。

   

辛口レビュー

 

私の肌はインナードライの敏感肌です。

1週間、鼻にのみ半分ずつ使用しました。

他に使用していたスキンケアは乳液とクリームのみです。

 

≪結果≫

オーディナリーは
  • ざらつき(角栓)がなくなった!が...
    • 黒ずみには変化なし
    • 5日目に皮むけがおきた
    • 日によってはピリピリしてしまう
    • ニキビができた
    • 皮脂コントロールは特に感じられず
インキーリストは

 

特に変化なし

   

という結果になりました...

 

オーディナリーのナイアシンアミドは前にも使ったことがあったのですが、今回と同じ状況になっています。

角栓が減りざらつきがなくなったのはうれしいのですが、皮脂が減った感じはなく皮むけしてしまったため、泣く泣く使用を中止しました。

私の場合皮むけの原因は乾燥ではなく、亜鉛による金属アレルギーだと思われます。

  

インキーリストですが、良くも悪くも特に変化なしでした。

変化が出るまで使用することも考えたのですが、ほかのビタミン美容液を使いたいためこちらも使用をあきらめました。

 

人によっては長く使用すると効果が出るという意見もありますが、根本的に肌に合わない場合好転反応は期待できないため即使用中止をおすすめします。

 

どちらも、顔に使用する前に腕の内側などでパッチテストを行うことが推奨されています。

 

おわりに

 

ナイアシンアミドは私の肌には合わなかっただけで、すばらしい商品であることには変わりありません。

 

効果はわかりにくいが刺激が少なく保湿にも特化しているインキーリスト。

効果はわかりやすいがモロモロが出たり刺激が強いオーディナリー。

 

自分のお肌との相性や使いやすさを考慮して選ぶのが一番良いと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました